文字サイズの変更 文字サイズ(小) 文字サイズ(中) 文字サイズ(大)

サイト内検索Google
 www を検索   hamamatsu-nishi-houjinkai.or.jp を検索

情報公開



4.事業報告書

平成28年度事業報告書


I.事業概況
  平成28年度の事業計画については平成28年6月14日(火)第5回定時総会において承認され、法人会の理念に基づき税に関する活動に軸足を置きながら地域事業者への経営支援、地域社会への貢献へと公益目的事業を主体として会員のみならず一般を対象に取り組んでまいりました。今後も公益社団法人として公益目的事業の推進、また会組織の充実にも力を入れて地域に貢献する団体として活動してまいります。
1.税を巡る諸環境の整備改善等を図るための事業
 (1)税制・税務に関する研修会・講演会・セミナー事業
当会の主要事業である税に関する研修会は浜松西税務署のご協力を得て開催し、会員をはじめ一般企業を対象に浜松商工会議所との共催も継続し実施いたしました。改正税法説明会、決算期別法人説明会も継続実施をいたしました。また本年度より新設法人説明会は、税務署との共催事業となり法人会の事業概要等を説明し入会案内をいたしました。
 (2)税務に関する相談事業
税理士による税務相談事業を浜松商工会議所、湖西市商工会、新居町商工会において継続して実施いたしました。
 (3)税制・税務の普及広報事業
 会報誌「west」を年4回発行し、表紙写真については浜松市役所より提供を受け、会員企業紹介ページについても継続して掲載、税制の動きを中心に情報提供に心がけてまいりました。会報誌は通巻599号となり管内金融機関、税理士事務所にも配布するなど、広く一般に公開できるよう努めてまいりました。
また、ホームページの活用により、国税庁の年末調整、確定申告特集ページ等へのバナーについても随時対応し、他には確定申告ポスターの掲示、社外看板も活用いたしました。
 (4)税の啓発及び租税教育事業
 租税教育事業の一環としての「夏休み親子ぜいきん探検隊」は本年で5回目となりました。浜松西税務署、浜松財務事務所、浜松中央警察署、静岡地方裁判所浜松支部のご協力により、小学生及び父兄の方々にご参加いただきました。また西遠北遠地区租税教育推進協議会の一員として、青年部会、女性部会が浜松市内小学校 計8校の6年生を対象に租税教室の講師を務めました。本年度は新たに高校を一校加え積極的に取り組みました。税に関する絵はがきコンクールも継続して開催し、1032点の応募をいただきました。優秀作品に対しては表彰を行い、遠鉄百貨店において浜松東法人会と合同で作品展を開催いたしました。
 (5)税制改正への提言事業
 平成29年度税制改正要望については、「今後の望ましい税制のあり方」を基本テーマとし中小企業の活性化、法人税率及び課税ベース問題、地方法人課税を主要テーマとして取りまとめました。10月には、全法連の全国大会決議に基づき、要望書を選挙区の代表である国会議員、地方自治体の首長に直接提出してまいりました。

2.地域の経済社会環境の整備改善等を図るための事業
 (1)講座・講演会・セミナー事業
研修委員会を中心に地域企業の要望に幅広く応えられるよう改善を図ってまいりました。インターネットセミナーにおいては、各種講座の充実により利用者の拡大に大きくPRできました。税務関係を含め本年度研修会参加延べ人員は7,397人となり、前年を上回る方々に参加していただきました。
 (2)地域イベントへの協賛事業
   地域の美化活動として青年部会においては、浜松ホストライオンズクラブ主催の佐鳴湖清掃活動に参加しました。また浜松市内活性化のための「やらまいかミュージックフェスティバル」に協賛したほか、「浜名湖ウォークフェスタ」への協賛も実施いたしました。
 (3)地域福祉への寄附・寄贈事業
   新春チャリティ講演会を開催し、チャリティ募金を浜松市社会福祉協議会に寄贈いたしました。また、防潮堤寄附金の実施及び浜松市野球連盟少年部に練習ボールの寄贈を行いました。
 (4)地域社会との交流事業
   本年度新規事業として地域住民の健康増進・健康維持を支援する事業及び結婚期を迎えた男女の出会いをサポートする事業を立ち上げ広く一般の方に参加をいただきました。
 3.会組織の充実を図ること及び全国各地の法人会との連携強化を図る事業
   会員支援のための親睦・交流、福利厚生制度の推進等に関する事業
 (1)組織の充実・強化
本年度も組織の充実を図るため7月より役員、支部を通し、また友誼関係団体の協力を得、会員増強運動に努めました。当地域での景況感は未だ厳しい中にはありますが、皆様のご尽力により12月末県連目標は達成することができました。3月末会員数は5,863社で静岡県内13法人会のうちでは最大の会員数を維持しております。
 (2)広報活動の充実
   法人会事業PRを図る為案内チラシを活用し、新設法人へのDMの発送、また新聞社、テレビ局等のマスコミに対し情報提供、取材依頼を行い多くが新聞紙上で取り上げられました。また移動する広告として路線バスの車外広告を浜松東法人会と共同で実施いたしました。
 (3)青年部会・女性部会の充実
   青年部会については、広く公開される経営セミナーの開催と部会員の親睦を図る為の異業種交流会を開催、海外視察をとおしてグローバルな視野の醸成など部会員相互の関係をより密にするよう努めてまいりました。
   女性部会については、税に関する各種研修及び「夏休み親子ぜいきん探検隊」、「税に関する絵はがきコンクール」を開催し租税教育事業の拡大に取り組みました。
 4.会員のための福利厚生事業
 (1)福利厚生制度の推進
昭和46年に福利厚生事業として法人会が開発した大型保障制度は、企業のリスク管理面からも大きく支持されています。平成26年より始まった「3年10億円増収計画」は最終年度を迎え特別推進委員会が中心となり制度PR、紹介キャンペーンを行い収入保険料においては前年度実績を上回る結果となりました。
 5.その他当会の目的を達成するために必要な事業
 (1)事務局の充実
本年度は公益法人に移行後5期目となります。監督官庁である静岡県の指導のもと適正な事務処理に心がけるとともに、県連、他単位会と連携を密に効率的な活動を実施いたしました。

以上、平成28年度の事業報告といたします。


このページのTOPへ戻る

HOMEへ戻る

HOME > 情報公開一覧 > 4.事業報告書

e-Tax

Web-TAX-TV

命